会社沿革

 大正13年 関東大震災後の復興需要を睨み、セメントなどの建材販売を目的として、日本窒素肥料株式会社のOBが駒形に平田商店を創業。
初代社長に日本窒素肥料OBの平田精彦が就任。
 昭和 3年 平田商店として法人登記。
 昭和 4年 砕石を有効活用したビル用外壁材「富国石」を開発。三機工業株式会社と提携し、日本およびアジアの有名建築に採用される。
 昭和 6年 本店を有楽町(三信ビル)へ移転する。
 昭和11年 村田誠孝が社長に就任。
 昭和12年 熱硬化性樹脂の販売を開始。また、同樹脂の成形加工工場も開設。
 昭和33年 シェルモールド用レジンの販売を開始。
 昭和37年 プラスチック製管材、バルブの販売を開始。
 昭和38年 プラスチック製管端保護キャップの製造販売を開始。
 昭和46年 プラスチック製配管材料の販売拡大のため、当該営業部門を羽田営業所へ移設。
 昭和58年 村田正孝が社長に就任。
 平成 5年 矢崎健次が社長に就任。
 平成 9年 村田成弘が社長に就任。
配管材料事業強化のため、羽田営業所(現東京営業所) 事務所・倉庫建替。
 平成11年 経営効率化のため、本店を有楽町(三信ビル)から羽田に移転。
 平成16年 創業80周年
平田商店100%子会社「旭トレーディング株式会社」が、旭有機材工業株式会社の鋳造用レジンについて、東日本エリアにおける基幹販売代理店として営業スタート。
 平成17年 半導体・液晶製造装置向けの配管材料を拡販するため、立川営業所を開設。
 平成18年 業務効率化とプラスチック成形品事業強化のため、平田商店の本社機能と樹脂営業部、板橋工場、旭トレーディングさいたま営業所を川口本部として移転統合。
 平成19年 プラスチック成形品事業強化のため、三次元測定機を導入。
 平成20年 顧客満足の向上と環境保全への取り組みを強化するため、川口本部にてISO9001、14001認証取得。
 平成25年 ものづくり補助金(ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金)の補助事業に採択される。
 平成26年 創業90周年